産業廃棄物収集運搬業

 産業廃棄物の収集運搬業許可は、建設業許可が過去の会社のデータを求められるのに対して、今後、会社が収集運搬業を行って行く際の未来予想図を求められます。ですから、その計画に対して、いかに説得力を持たせた申請書の書き方をするかが、許可のカギとなります。

 許可の要件のひとつに、会社の役員が講習会を受講して試験に合格していることがありますし、収集運搬の際に使用する車両や運搬用具はあらかじめ用意しておかなければなりません(許可を受けてから借りたり買ったりではいけません)。ですから、申請の段階から、計画的にコトを運ばないと会社にとって損失を招きかねません。

経理的基礎に注意!

 許可の要件は、大まかにみて3点です。

①申請会社の役員が産廃処理業者許可申請講習会(新規)を受講 して試験に合格していること

②産業廃棄物の処理を的確に、かつ、継続して行うに足りる経理  的基礎を有すること

③役員・一定の株主が犯罪歴などの欠格要件に該当しないこと

 このうちよく問題になるのが②の経理的基礎です。未来予想図を求められる産廃収集運搬許可で、過去の財務状況をしっかりチェックされるのです。

 経理的基礎では直前3年間の財務状況がチェックされます。自治体によって微妙に違うのですが、岐阜県を例に挙げると

 ・債務超過がないこと

 ・直前3年間の自己資本比率がいずれか10%以上であること

であれば、要件はクリアとなりますが、そうでなければ追加資料の提出(中小企業診断士の経営診断書、借入残高証明書など)が求められます(営業年数が3年未満でも同じです)。めんどうですよね。

 また、愛知県や三重県は要件が厳しく、基準に達していないと容赦なく不許可となります。事業ができないのです。

 ここの基準の判断が難しいところですので、これから許可を受けたいという方は、必ず事前に役所と協議して下さい。

 もちろん、当事務所に依頼されても構いません。財務諸表から要件を満たすかどうかの判断は、無料で行っております。

 

     料 金 表 (税別)

(普通産廃)

新規許可           100,000円~

変更許可(変更の内容による) 50,000円~

更新許可             80,000円~

変更届            30,000円~

(特管産廃)

         上記価格に+20,000円~

 

(積み替え保管除く。

 積み替え保管希望の方はご相談下さい)

処分業の変更、許可等、お困りの際はなんでも

ご相談下さい。
 

申請手数料

※役所に納める金額です。別途ご用意下さい。

(普通産廃収集運搬業)

新規許可           81,000円

更新許可           73,000円

変更許可           71,000円

(特管産廃収集運搬業)

新規許可           81,000円

更新許可           74,000円

変更許可           72,000円

その他、登記簿謄本等の公的書類・郵送代などは実費でご請求申し上げます。

© 2017 行政書士川上事務所 - Wix.com で作成されたホームページです。

  • LinkedIn Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now